一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

クラフトビールって楽しい!京都を舞台に大人3人が織りなす青春群像劇1巻

村野真朱が原作、依田温が作画の「琥珀の夢で酔いましょう」1巻が、4月12日に発売された。

本作の舞台は、京都の路地にひっそりと佇む飲食店・白熊。広告代理店で働く剣崎七菜は、ふらりと入った白熊でクラフトビールの楽しさに目覚める。七菜は店長から頼まれ、カメラマンの芦刈鉄雄とともに店の集客を手伝うことに。七菜はクラフトビール専門店にしてみてはと提案し、物語は動き出す。「白熱ビール教室」の杉村啓が監修を務め、劇中に登場するのはすべて実在のクラフトビールという本作に注目だ。

大垣書店、マッグガーデン特約店、くまざわ書店各店、MAG Gardenオンラインストア、そのほか全国の一部書店では、単行本の購入者に描き下ろしのメッセージペーパーを配布。またMAGCOMIでは第1話のネームが公開されており、著者の直筆サイン入り色校が当たるキャンペーンも行われている。

なお4月12日から5月31日まで東京・めがね食堂では、「琥珀の夢で酔いましょう」に登場した品目を含む14種のビールを提供。また4月12日から4月21日まで京都・Beer Cafe 麦潤では、作中でも描かれたクラフトビール・一意専心と大根味噌田楽のペアリングを楽しむことができる。詳細はMAGCOMIの特設ページにて確認を。

(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→https://aebs.or.jp/