一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

舞台「はたらく細胞」和田雅成扮する白血球&七木奏音扮する赤血球のツーショット

清水茜原作による舞台「体内活劇『はたらく細胞』」のビジュアル第1弾が公開された。

「はたらく細胞」は、白血球、赤血球、血小板などの細胞たちが人間の体内で活躍する様子を描いた物語。このたび、和田雅成扮する白血球(好中球)、七木奏音扮する赤血球のツーショットがお目見えした。また2人からのコメントも到着している。

演出はきだつよし、脚本は川尻恵太が手がける「体内活劇『はたらく細胞』」は11月16日から25日まで東京・シアター1010にて上演される。またチケット最速先行が決定。8月8日から19日まで、舞台公式サイトにて実施される。


和田雅成(白血球・好中球役)コメント

「はたらく細胞」を読み、生きる上で必要な事を楽しみながら勉強させて頂きました。
舞台化。本当に楽しみです。
自分が生きる”白血球”は細菌、そしてウイルスと戦う、体には欠かせない細胞です。彼に負けないぐらい自分達もはたらいて(稽古して)、この作品が持つ魅力を観に来て下さった皆様にお届け出来るよう努めます。

七木奏音(赤血球役)コメント

私達の体の中で、自分達の世界(体)を守る為に命をかけて働く細胞たちの絶望と喜びを知る事ができる感動と驚きの作品、それが「はたらく細胞」です。
くしゃみひとつにも壮大な戦いがくり広げられている事を知った今は、体の中で頑張っている細胞達をとても愛しく感じています。
そんな細胞のひとり赤血球ちゃんは前向きで情熱を持って働いています。彼女と共に立派な細胞を目指して、沢山の愉快な細胞さん達と力を合わせあなたの体を守る為に、精一杯新鮮な酸素をお届けしたいと思います!

「体内活劇『はたらく細胞』」

日程:2018年11月16日(金)~11月25日(日)
会場:シアター1010

スタッフ

原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
演出:きだつよし
脚本:川尻恵太
制作:トライフルエンターテインメント

キャスト

白血球(好中球):和田雅成
赤血球:七木奏音
ほか

(c)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ