一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

映画「覚悟はいいかそこの女子。」難攻不落のヒロイン役は唐田えりか

椎葉ナナ原作による実写映画「覚悟はいいかそこの女子。」でヒロインの三輪美苑役を、映画「寝ても覚めても」などに出演する唐田えりかが演じることが決定した。

美苑は学年一の美少女として人気が高く、幾人もの男子からの告白をことごとく断ってきた難攻不落のクールビューティー。中川大志演じる古谷斗和に何度も告白され、そのたびに振っているが、次第に彼に心を開いていくことになる。唐田は美苑を「ちょっとしたことでは動じない女の子」と評しながら、撮影については「好きな人(美術の柾木先生)に対する表情や徐々に斗和に対して心を開いていく表情など、微妙な心の変化や気持ちを表現するように演じました」と語った。

「覚悟はいいかそこの女子。」はイケメンで幼い頃から女子に囲まれて育ってきたものの、女性との交際経験のないヘタレな男子・古谷斗和を主人公に描く物語。映画は10月12日に公開され、映画のキャストが出演するドラマ版が6月24日を皮切りにMBS、TBSの「ドラマイズム」枠にて、全5話構成で放送される。

唐田えりかコメント

私の撮影は、映画のクランクインから少し時間が経ってからだったので、すでに現場の雰囲気が出来上がっている中に入っていくのは不安もありドキドキしました。主演の中川大志君が、すごく優しく気遣いがある方なので、甘えさせてもらってばっかりでした。私が演じた美苑は、クールビューティーで、ちょっとしたことでは動じない女の子なんですけど、それだけではなく、好きな人(美術の柾木先生)に対する表情や徐々に斗和に対して心を開いていく表情など、微妙な心の変化や気持ちを表現するように演じました。

「覚悟はいいかそこの女子。」

2018年10月12日(金)全国公開

キャスト

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口昇
脚本:李正姫

キャスト

古谷斗和:中川大志
三輪美苑:唐田えりか
新見律:健太郎
澤田惟智也:甲斐翔真
久瀬龍生:若林時英

(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ