一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

映画「ミスミソウ」クラスの女王・妙子役は大谷凛香、役に合わせて金髪に

押切蓮介原作による映画「ミスミソウ」の追加キャストが発表された。クラスの女王的存在・小黒妙子役を大谷凛香が演じる。

妙子は山田杏奈演じる主人公・野咲春花をいじめているグループのリーダー格。美容師になる夢を持っており、高校卒業後は東京の専門学校への進学を希望している。大谷は役に合わせて人生初の金髪に挑戦。原作は以前から読んでいたとのことで、「オーディションに受かったと連絡が来た時、電話越しで泣いてしまいました」「とにかくすごい作品に関われることが嬉しかった」と喜びを語った。内藤監督は妙子のキャスティングについて、「単に可愛いとか、演技が巧いとか、そういったレベルではなく、特別な輝きが必要でした」とし、「オーディションで出会った大谷さんに、それを感じ、妙子役を託しました」とコメントしている。

本作で映画初出演となった大谷。演技も未経験だったということだが、「暴力的な描写も多く難しい役柄でしたが、まわりの雰囲気に助けられました。みんな役になりきっていたので、すんなりと映画の世界観に入り込めました」と共演者に感謝を述べる。内藤監督も彼女とリハーサルを重ねる中で手応えを感じた様子で、「現場で女優として覚醒していく姿を観られて、嬉しかった」と撮影を振り返った。

映画「ミスミソウ」は2018年4月7日より、東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。



大谷凛香コメント

最初、オーディションに受かったと連絡が来た時、電話越しで泣いてしまいました。人生初の金髪は意外と大変で、暴力的な描写も多く難しい役柄でしたが、まわりの雰囲気に助けられました。みんな役になりきっていたので、すんなりと映画の世界観に入り込めました。原作も以前から読んでいたので、とにかくすごい作品に関われることが嬉しかったです。



内藤瑛亮監督コメント

「ミスミソウ」の根幹をなすのは春花と妙子の関係性です。妙子のキャスティングは非常に重要です。単に可愛いとか、演技が巧いとか、そういったレベルではなく、特別な輝きが必要でした。 オーディションで出会った大谷さんに、それを感じ、妙子役を託しました。演技未経験だったので、リハーサルを重ねました。撮影期間中も撮影が終わったあとに、次の日の撮影場面のリハーサルを行いました。現場で女優として覚醒していく姿を観られて、嬉しかったのを覚えています。彼女の表情がこの物語が持つ繊細さを豊かに表してくれました。



映画「ミスミソウ」

2018年4月7日(土)より全国ロードショー



スタッフ

監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介「ミスミソウ 完全版」(双葉社刊)
脚本:唯野未歩子
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ



キャスト

野咲春花:山田杏奈
相場晄:清水尋也
小黒妙子:大谷凜香
大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、森田亜紀、戸田昌宏、片岡礼子、寺田農

(c)押切蓮介/双葉社 (c)2017「ミスミソウ」製作委員会



(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ