一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

映画「羊の木」素性を隠して移住してきた元受刑者の男女6人の場面写真

山上たつひこ、いがらしみきお原作による実写映画「羊の木」の場面写真が公開された。

イブニング(講談社)にて連載された「羊の木」は、政府の極秘プロジェクトの試行都市になった港町が舞台のヒューマンサスペンス。凶悪犯罪を犯した元受刑者の男女6人と、彼らを受け入れることにした市長、そして何も知らない一般住民の不穏な生活を描く。

今回解禁された場面写真では、元殺人犯という素性を隠しながら移住してきた松田龍平演じる宮腰が、無表情に一点を見つめる様子や、同じく元殺人犯の北村一輝演じる杉山、優香演じる太田、市川実日子演じる栗本、水澤紳吾演じる福元、田中泯演じる大野が、新住民として街で交流する姿が切り取られた。

映画「羊の木」は2018年2月3日公開。監督は吉田大八が務める。

映画「羊の木」

2018年2月3日(土)全国ロードショー
監督:吉田大八
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊)山上たつひこ、いがらしみきお
出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社



(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ