一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

映画「民生ボーイ」妻夫木聡、水原希子に翻弄され「いい表情撮ってもらえた」

渋谷直角原作による実写映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のスペシャルイベントが、8月29日に東京・LIQUIDROOMで行われ、渋谷のほか、コーロキ役の妻夫木聡、あかり役の水原希子、監督の大根仁が登壇した。

作品が生まれた経緯を問われ、渋谷は「自分も40歳ぐらいのおっさんになって、“改めて奥田民生さんを自分に問う”みたいな雰囲気になってきて。若い頃は奥田さんの佇まいを見て『絶対なれないな』とか思ってたんですけど、『逆に近づいていけないかな!?』みたいなことを考えるようになって」と語り、会場の笑いを誘う。

「原作は連載初回で『これは面白い!』と思いました。絶対映像化に向いてるし、俺が一番うまく撮れるはずだと」と原作への思いを明かす大根。「でも『銀魂』とか『ジョジョ(の奇妙な冒険)』みたいに売れてるマンガじゃないからって悩んでたら……(笑)」と冗談交じりに説明すると、「ブッキー(妻夫木)が『絶対やりたい! ほかの誰にもこの役を譲りたくない!』って言ってくれて」と述懐し、聞いていた妻夫木は「そこまでは言ってない(笑)」とツッコミを入れた。

妻夫木は水原の演技を「普通の女優さんだったら戸惑うようなシーンがいっぱいあるのに、むしろ自ら『脱ぎます』くらいの勢いで来てくれた。彼女が輝けば輝くほど僕は翻弄されて、いい表情を撮ってもらえました」と絶賛。大根も「普通の女優さんだったら、下着姿のシーンとかは本番ギリギリまでバスローブを着て、スタッフもちょっとピリピリしていて、本番が入るときにスッと脱ぐ感じなんだけど。希子ちゃんはテストのときから『おはようございまーす』『まだ下着になんなくていいよ!』って感じだった」と振り返り、水原は「逆にエロくないですよね!(笑)」「(脱ぐことに)なんにも抵抗がなかったですね」と笑っていた。

大根と渋谷が降壇したあとには、安齋肇、写真家の三浦憲治、PUFFYの大貫亜美と吉村由美という奥田をよく知る4人と妻夫木、水原によるトークが展開。また奥田民生をリスペクトするミュージシャンによるライブも披露された。

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は、奥田民生を人生の指針にしている35歳の男性編集者・コーロキを主人公にしたラブコメディ。彼がアパレル業界で働く魔性の美女・あかりに一目惚れし、恋の喜びや絶望を味わいもがき苦しむさまが描かれる。映画は9月16日に全国東宝系にて公開。また映画化にあわせ、50ページ以上が加筆された「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版」が扶桑社より発売中だ。

映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

2017年9月16日(土)全国東宝系にて公開



スタッフ

原作:渋谷直角
監督・脚本:大根仁



キャスト

コーロキ:妻夫木聡
あかり:水原希子
ヨシズミ:新井浩文
美上ゆう:安藤サクラ
倖田シュウ:リリー・フランキー
江藤美希子:天海祐希
木下:松尾スズキ

(c)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会



(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ