一度に二度知る、
いい情報
fukayomi

「イタズラなKiss」佐藤寛太の演技に監督「入江直樹が降りてきた」

多田かおる原作による映画「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」が、去る11月2日に第29回東京国際映画祭の特別招待作品として、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて上映された。

上映イベントには入江直樹役の佐藤寛太(劇団EXILE)、相原琴子役の美沙玲奈、石川理美役の山口乃々華(E-girls)、池沢金之助役の大倉士門、小森じん子役の灯敦生、溝口稔監督が登壇。同イベントが映画のお披露目となったことについて佐藤は、「『イタズラなKiss』は世界的に有名な作品でもありますし、東京国際映画祭でスタートを迎えられて光栄です」と挨拶する。美沙は自身が演じた琴子というキャラクターについて、「琴子ちゃんはとても明るくて元気で前向きな子。琴子ちゃんにいつも元気をもらっていました」とコメントした。

「イタズラなKiss」関連作品に企画プロデューサーや脚本家として参加してきた溝口は、「『このまま終わらせてほしくない』というファンの声を受けて、未完の原作を映像化しようと思いました」とその思いを吐露。「初の映画化なので、いちファンの代表として、自分が観たい映画を作りたいと思って脚本を書いた。映画出演が初めてのフレッシュな5人にストレートに演じてもらって、満足のいく映画ができました」と続け、その出来栄えに自信を覗かせた。

キャラクターと自分がそっくりだと語る大倉は、「現場でも金之助みたいに和気あいあいと楽しめてよかったですね」、自身を「末っ子の妹タイプ」と分析し、お姉さん的な立ち位置のキャラクターの理美を演じることに苦戦した部分もあるという山口は「自分の中に理美の要素を見つけていくのが楽しかった」と撮影を回想。灯は映画のために7kg増量したことを明かし、「丸く映っていたらうれしいですね」と笑顔を見せた。

以前から佐藤を「入江直樹っぽい」と思っていたという溝口監督。「続編にある、テニスのサーブのあとに長いセリフを言うシーンも一発で決めて、さすがだと思った。頭脳明晰でスポーツ万能の入江直樹が『降りてきた』」と称賛する。最後に佐藤は「僕たちキャストが作品と一緒に成長していけるような映画ですので、これからの成長を楽しみにしていてください」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」は、11月25日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー。なお第2弾にあたる「キャンパス編」の公開も決定している。

(c)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (c)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

(コミックナタリー)

(もっと読む)

もっと深読み!

さらに深読み!!

PAGE TOPへ PAGE TOPへ

ページ上部へ